fc2ブログ

「退院時なんとか加算」と、カンファレンス

2010年08月04日 00:07

  にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ ← 一応、参加中。

自分でつけたブログタイトルにつっこみますが、「なぜに、正確に覚える気がねーんだ?(笑)」



まぁ、それは、さておき、

ケアマネさんとか、SWさんとかにとっては、何かと話題でしょうかね?



まぁ、「加算がつくようになった」ことは、こちら(福祉用具)には、まったく影響がありませんが、

たしかに、以前より、退院時のカンファレンスや増えた気もしますし、

【 病院(医療) ⇔ 在宅 】 の連携が良くなっている方向に進んでいる気もします。



「加算がつかなくても、(必要なら)やってくれ」

ってのが、本音ですけど。



まぁ、これ(加算)を機に、

【 病院(医療) ⇔ 在宅 】 の連携が良くなっていくのであれば、

それは、それで、いいことですが、


「現時点での気になる点」について・・・


・・・いや、前向きに、


「こんな感じだと、個人的には、いいと思うなぁ」


と思うことを、いくつか。



※ たかが、福祉用具専門相談員ごときの意見ですから、スルーしていただいて、けっこうです。



① カンファは、“しきり(司会進行)”が上手いと、いい。


担当者会議などでも同じですが、これは、マジだなぁ~。

いつの間にか、「ぐちゃぐちゃ」としてる時もあったりしてね・・・。


若いお兄さんSWや、お姉さんSWも、

おばちゃん専門職や、コワモテ専門職の「勢い」に、負けてしまっては、

カンファがめちゃくちゃに・・・なんて(笑)。



② 目的がはっきりしていると、いい。


どのタイミングでのカンファなのか、何回目のカンファかによって、

目的ってもんが違うのではないかと。


たまに思うよ、

「わざわざ、集まる意味は、あったのか?」

とか、

「何のために、集まったのだろう?」

と。



③ それぞれの専門職(各サービス)が、それぞれに利用者・家族とすればいいような話は、カンファ以外でしてくれると、いい。

↑結構、多くない?



④ 各専門職が、口答で説明しなきゃいけないことと、文章等にしておくことがはっきりしてると、いい。

「それ、何度も聞いたし」

とか、逆に、

「それは、最初に言っておいてよ」

なんて思うこともあったり。


「カンファ前に目を通しておいてね」的な資料や情報があったりするといいなぁ・・・と思うこともあったりするかな。




うん、さくっと、思いつくのは、このぐらいだ。




まぁ、

僕(福祉用具)が、段取ったり、しきったりすることがないから、

気楽に、言いたいことを、言っているだけですね、はい。



でも、

「カンファレンス」でも「担当者会議」でも、「合コン」でも、何事も、

「目的」や、「段取り(事前準備もl)」、そして、「しきり」が大事だってことだ、うん。



PS.

「合コン」の「目的」など、いくつもあるわけではないと思うが。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kyube1001.blog118.fc2.com/tb.php/336-3ef5d368
    この記事へのトラックバック