fc2ブログ

わかりやすい!介護ベッド ♯02【サイズ】

2007年11月12日 23:20

  にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ ← 一応、参加中。
わかりやすい!介護ベッド ♯01】の続きです。
■介護ベッドのサイズについて


まず、ベッドのサイズといっても、

(1)ベッドの外寸 と (2)マットレスのサイズ とがあります。


(1)ベッドの外寸・・・長さ<頭-脚>

これは、ベッドの配置に関係してきますが、(2)マットレスのサイズが大きいものは、おのずと大きくなります。

・・・で、ここで、説明しておくべきことは、

介護ベッドを置くスペースは、ベッドの外寸よりも20cmぐらいは広くなければならないことがあるということです。

詳細は、後日、記事にしますが、

電動高さ調整ができるタイプのベッドの中には、ベッドが垂直に昇降しないものがあるからです。(緩やかな弧を描くように、スイングして昇降したりします。)



(2)-1  マットレスのサイズ長さ<頭-脚>

長さについては、メーカー、機種による違いがあるんですが、簡単に言うと、

背が低い人は、(おおむね150cm未満ぐらいかな)
【ミニ】とか【ショート】と呼ばれるサイズのベッドを。

背の高い人は、(170cm後半ぐらい~かな)
【ロング】などのサイズを。

なぜかは、簡単にだけ言っておくと、

身体の曲がる箇所(腰、膝など)と、ベッドの曲がる箇所があっていないと身体に負担や、姿勢のズレなどが起こりやすいから。



(2)-2 マットレスのサイズ

これは、介護のしやすさ寝返り~離床動作のしやすさなどに関係します。

ちなみに、一般のベッドでの、「シングル」「セミダブル」「ダブル」・・・などの表現は、あまりしません。

現在の主流は、83cm―100cmぐらいの幅のものが多いです。それ以外もあります。


簡単に言うと、ベッドに寝る人が、中肉中背とすると、

寝返りが出来ず、介護量が多いケースは、
ベッド幅が狭いもの(83~91cm程度)の方が、介護がしやすい

寝返りをし、自力で離床する方の場合は、
寝返りのスペースなどが必要なので、91~100cmぐらいのもの。

・・・が、良いことが多いです。


部屋が狭いから、サイズの小さいもの!

・・・と、簡単に決めないで下さいね~!


読んだら、クリック!

介護ブログランキング
FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kyube1001.blog118.fc2.com/tb.php/99-4d2ac2ee
    この記事へのトラックバック